スポーツジムにある筋トレマシンの種類


スポーツジムを利用することで数多くの筋トレマシンを使うことができます。ここでは、筋トレマシンの種類について、ご説明します。

筋トレマシンの代表的なベンチプレスは、主に大胸筋や上腕三頭筋、三角筋前部などの上半身を鍛えるマシンです。ベンチにあおむけになり、しっかりと地面に足のかかとをつけてバーベルを胸の上でアップダウンさせます。

次にダンベルベンチプレスです。こちらも大胸筋や三角筋前部などの上半身を鍛えるマシンです。肘を曲げながらゆっくりとアップダウンさせます。バーの軌道はカーブを描くように意識してやる事が、ポイントです。ベンチプレスに比べて難易度は高めです。

主に広背筋や大円筋などの背中を鍛えるラットプルダウンは、背中を鍛えるウエイトトレーニングの代表マシンです。鎖骨の真上にバーが来るように立ち、上半身はやや後ろに傾ける感じで行います。肩甲骨を下げて脇をしっかり締め、バーを鎖骨まで下ろすのがポイントです。左右片側ずつ背中の筋肉を鍛えるワンハンドダンベルロウは、広背筋や大円筋、僧帽筋などが鍛えられます。

肩甲骨を外側へ開くようにダンベルを持ち、背筋を伸ばす事を意識しながら肩甲骨を内側に閉めるように持ち上げます。この他にも様々な筋トレマシンがあり、鍛える部位によってマシンを使い分けます。